▼新築工事

基礎工事

車庫基礎工事の続き。
捨コンを均しているところ。

捨コンに墨出しをし、設計図書通りに墨出し。

鉄筋を組んでいるところ。
基礎はベタ基礎(シングル配筋)です。

組立が終わり型枠を設置している所です。

この現場のベタ基礎は土間部と基礎立上り部を一度に仕上げます。
しかも打ち放し仕上げ。

外側の型枠は捨コンの上に置けますが、内側の型枠は置けませんので型枠を浮かすことのできるシングル鉄筋ベースを使い型枠を浮かせます。

ですがこれだと型枠の下端が金コテ押さえ出来ないので土間コンはシングル鉄筋ベースの少し上(型枠を少し土間の中に入れる)で生コンを打ちます。
内側の型枠を外した後は、モルタルで補修予定。

内側の型枠も外しやすいように土間に埋め込む部分は斜めにカット。

施工図はこんな感じに作りました。
ちなみにJWCAD使ってます。

kiso.png

型枠・アンカーボルト設置完了。

アンカーボルトもしっかり固定しておきます。

生コンを打設している所。

立上りはカート(一輪車)で打ちます。

打ち終わった後、土間をコテ押さえしていきます。

車の乗り入れ部分はハケ引き仕上げ。

台風が来たりでなかなか進みませんでしたが、やっとコンクリート打設完了。

Pocket
LINEで送る